おうち実験:くるくるまわるアルミモータをつくる

「動画」準備中

「操作」

1.磁石をアルミホイルで包む。きんちゃく状にして上をカットし、そこに単三乾電池(+)部を押し込んでへこみを作っておく。→ 乾電池がそのまま立つように!

2.電池(単三)の負極部分(-)に画びょうをテープではりつける。 → テープは引っかからないようにはみ出し部分をはさみでカットしておく。

3.アルミホイル片(20×4㎝)を4つ折りにし、1㎝重ね合わせをテープで留めて輪をつくる。

4.アルミホイルにくぼみをつくる。 → 画びょうの頂点が触れるところ(テープ部分は使わない)で、鉛筆やつまようじの先を使うとよい。

5.磁石の上に電池の正極(+)がくるように置き、アルミホイルの輪(卵型)を画びょうひっかける。 → 頂点とくぼみを合わせる

6.アルミホイル軽く突いて回転運動を起こさせる。

「注意・工夫・片付けなど」

1.乾電池は電池の(-)部がへこんでなくて電気が通りやすいタイプを使用すること。

2.磁石は厚さが1㎝程度、底面は乾電池よりやや広いタイプを使用すること。

3.アルミホイルの一部が熱をもつことがあるので注意する。

「観 察」操作や変化などの記録

1.アルミモーターの全体図

2.気づいたこと・工夫したこと

「解 説」

1.電流と磁界がつくる力

(1)電線(導線)中での電気は、+(プラス)から-(マイナス)に向かって流れる。

(2)電流が流れている電線のまわりには磁界ができる。その方向はN極からS極に向かっている。

(3)永久磁石がつくる磁界の中で、電流が流れると電流がつくる磁界との間で力が生まれる。

2.フレミング左手の法則

(1)永久磁石とコイル・電流がつくる磁界:フレミング左手の法則

(2)単極モータ:アルミモーターの応用で、アルミホイルのかわりに銅線とネオジム磁石を用いている。 → 表面は電気を通す


「お約束」ご家庭でも手軽に実験に取り組むことができそうなテーマを選び、操作方法を紹介しています。ただし、何事においても絶対安全ということはあり得ません。必ず保護者の監督責任のもとで、内容完全理解の上、準備・操作・片付けを完結させてください。なお、ここで紹介する以上の内容は、ぜひ「らくらくサイエンスLAB(ラボ)」で直接体験をおススメいたします!

らくらくサイエンスLAB

AI時代をたくましく生き抜くこどもたちの育成を目指す、本格的な科学実験教室!理科教育のスペシャリストが指導します。

0コメント

  • 1000 / 1000