おうち実験:ショウノウでボートを動かそう

「動 画」準備中!

「操 作」

1.発泡スチロール板(2×3cm)をカッターで船形に切り抜く。

2.さらに後ろの部分をV字に切り抜く。 → 角度を鋭く!広げ過ぎない!

3.V字部分にショウノウ(小粒)をはさみこむ。 → くずさないようにやさしく

4.水を張った紙トレイに静かに浮かべてみる。 → つまようじで動きをコントロールするとよい。

「注 意」

1.浮かべるのに使う器は洗剤できれいに洗っておくこと → 油や洗剤が残っていると推進力がうまれにくくなる

「解 説」

1.ショウノウボート:ショウノウ結晶の表面から成分が勢いよく[ 気体(きたい) ]となってボートを動かす力が生まれた。 → 昇華という現象

2.クスノキの成分:クスノキは漢字で樟・楠の二通りで書かれることが多い。葉に特有の香気成分を含む[ 常(じょう) ]緑樹(りょくじゅ)で公園などに植栽されている。主な香気成分がショウノウでカンファ―という物質。医薬品や[ 防虫(ぼうちゅう) ]剤(ざい)としても知られている。 → 人を元気にさせる効果をもつものをまとめてカンフル剤などと表現することもある。

<参 考> 特に購入が必要となると考えられる材料

「お約束」ご家庭でも手軽に実験に取り組むことができそうなテーマを選び、操作方法を紹介しています。ただし、何事においても絶対安全ということはあり得ません。必ず保護者の監督責任のもとで、内容完全理解の上、準備・操作・片付けを完結させてください。なお、ここで紹介する以上の内容は、ぜひ「らくらくサイエンスLAB(ラボ)」で直接体験をおススメいたします!

らくらくサイエンスLAB

AI時代をたくましく生き抜くこどもたちの育成を目指す、本格的な科学実験教室!理科教育のスペシャリストが指導します。

0コメント

  • 1000 / 1000