ガラス細工にチャレンジしました

手持ちのガラス廃材があったので、ガラス管を熱して溶かし、中にビーズやスパンコール類を入れ込みました。今回もまたまた大変リスクの高い実験ですが、子供たちは難なくクリアしました。

持ち帰り作品は、マドラーにはなりますが、割れる可能性もあるので、あくまで飾り物として慎重に扱うように指導しました。



らくらくサイエンスLAB

AI時代をたくましく生き抜くこどもたちの育成を目指す、本格的な科学実験教室!理科教育のスペシャリストが指導します。

0コメント

  • 1000 / 1000